釣り勉強

エギをただ巻きしたらアオリイカが爆釣??ただ巻きが有効な状況とは! 【エギング初心者必見】

 

イカが釣れない人必見?しゃっくって釣れないときはタダ巻きしよう

道具も揃えたし、釣れていると言われている場所にも
来て、エギをしゃくりまくっているのに釣れない。

そんな方たちにこの記事を読んでいただきたいです!!!

この記事では釣れない理由とスレているイカへのアピール方法について解説します。

 

釣れない二つの理由

アタリがとれていない

エギが釣れないと調べたときに
一番最初に言われるのは、「アタリがとれていない」だと思います。
ただアタリをとるのは難しい…
魚と違って、ゴン!!!と来るものではなく
糸がふわっとなったり、エギが引っ張られることがあったりします
ここは慣れと私は考えているので
今回はイカを釣るための別の方法を
紹介したいと思います。

これを見ている方々は
どうやってエギの着底をとっていますか?

昼間であれば、糸がふわっとなった際に
着底をとっている方も多いと思います。
イカを釣るために
エギをしゃくる→糸がふわっとなったら(着底と思ったら)もう一度しゃくる
これを繰り返してみましょう。
そしたら、着底ではなく、イカのアタリで釣れることがあります

夜間の場合は、
https://www.youtube.com/watch?v=1n4RJYlokRE

こちらの超有名なエギングのプロである川上さんのYouTubeを参考にしてみてください!!

また、アタリみたいなのを感じたときは
エギにかじられた後やぬめりがありかもしれませんので
エギを確認してみたり、触ってみてください。

(この写真のようにかじられた後があることがあります)

イカがいる場所で釣りをしていない

イカが来ないようなところで釣りをしていませんか?

春のイカは浅瀬の海藻に産卵するので
このような場所によく集まります。

秋のイカは、魚が集まる常夜灯や潮通しの良い場所に
集まります。

このことを基本知識として頭において
エギングをする際は下記の場所選びをしてみましょう

  1. 釣り具屋さんで聞いてみたり、釣果情報を参考にしてみる
  2. 釣り場の墨を確認してみる
  3. イカが集まりそうな場所を考えてみる(上級者向け)

エギング=しゃくるだけではない

今回一番見てほしいところです。

エギング=しゃくってフォールさせて釣ると思っている方が
多いと思いますが、ただ巻きや着底後放置することもかなり効果的です。

上で書いていることと少し矛盾しているように
私自身も思いますが(笑)
多くのエギンガーが集まる場所では
エギをしゃくっているだけでは、イカがエギを餌ではないと
気づいていることがあります。(すれているという言い方をします)

なので、ただ巻き→フォール着底放置をしてみましょう。

特にただ巻きでは、巻く速度も大切です。
有名なエギングポイントでただ巻きをしたところ、あまりが誰も釣れてない中私だけ爆釣。
すごくないですか??
また、何度もゆっくり巻いてフォールを繰り返しても釣れないのですが
早巻きからのフォールで釣れたことがあります。

是非、試してみよう!!

エギンガーが多い場所はタダ巻きで爆釣の可能性が!!!

ただ巻き五回→5~10秒フォールの繰り返し
(※ただ巻きは巻く速度も変えてみましょう)

着底確認後、約15秒間着底させたままにする

 

以上、しゃくっても釣れない場合は
ただ巻きや着底後放置を試してみてください!!

こちらもぜひ↓↓↓

アオリイカの産卵温度は?リリースする意味は?【エギンガー必見】