リール記事

PEラインとリーダー 同じ強度の号数は???【リーダーの号数選び】リーダーはなぜ必要なのか

PEラインとリーダー同じ強度の号数は???【リーダーの号数選び】

 

私は少し前までリーダーの選び方は適当でした。(笑)
アジングなら0.8号、エギングなら2.5号のリーダーを使えばいいかな
くらいに思っていました。
今回は私と同じようにあんまり意識せずにリーダーを選んで釣行している方必見です。
私が選んでいる方法を紹介します!

リーダーについて

 

リーダーとは

ルアー釣りにおいてメインライン(PEライン)の先につけるラインのことを
ショックリーダー略してリーダーと言います。
これはメインラインが岩などに擦れて切れるのを
防ぐためにあります。
リーダーは必須です。釣行時には必ずつけましょう。
まじでないとPEだけでは根掛かりしてすぐ切れたり、PEは水に浮くのでルアー操作がやりにくくなったりします。
私も初めはリーダーを結ぶのめんどいし、つけずにエギングしてみたことがあったんですけど、しゃくったら切れました。こういう人を増やさないためにもリーダーは必ずつけてください。お願いします。

リーダーの号数を選ぶ際は、PEラインの号数から
選びましょう。下の記事にグラフを作成していますので
詳しい選び方はそちらまでご覧ください。

 

 

リーダーの選び方

基準はPEラインと同じ強度で選ぶと良いです。
なぜなら、リーダーを太くしすぎるとPEラインが先に切れてしまうし
細くしすぎるとリーダーが先に切れてしまうからです。
さらにアタリをとりやすくしたり、ルアーの操作性を考えて
PEとリーダーがほぼ同じ強度がベストです。
この基準をもとに根が荒いところや狙う魚によっては
基準より太いリーダーを選びましょう。

今回は先ほどの表をもとにシーガー8編みの号数ごとに
リーダー選定の基準となる表を作成します
もし、シーガー8編みを使用している方やどこのメーカーのPEラインを
使っているのか分からないという方は下の表を参考にしてみてください。

↓PEの強度に近いリーダーの強度

PE号数 PEの強度(lb) リーダー号数 リーダーの強度(lb)
0.3号 4lb 1号 4lb
0.4号 9.1lb 2号 8lb
0.6号 14lb 3.5号 14lb
0.8号 18lb 4号 16lb
1号 20lb 5号 20lb
1.2号 23lb 6号 22lb
1.5号 26lb 7号 25lb
2号 35lb 10号 35lb
2.5号 40lb 12号 40lb
3号 48lb 12号 40lb
4号 62lb 18号 60lb
5号 78lb 20号 70b
6号 86lb 20号 70lb

シーガ―8編みは安く強度も十分で良く使用しているので、このPEラインを参考にしています!!このラインのデメリットは毛並みが立ちやすいので、気になる方は気を付けましょう!!

アジングやエギングでは、感度が重要になることとアジやイカが釣れてもドラグを出して寄せてくるので、ラインが切られる心配はありません。
なので、ラインが擦れそうな場所でないならリーダーをアジングでは1号・エギングでは2.5号前後を選ぶと良いですよ。(ありきたりですいません)
ヒラマサ、ブリなどの大型を狙う際には磯に突っ込まれても良いように一回り太いリーダー(80~100lb)を選定しています。
釣りに行く際は参考にしてみてください。

・PEの強度と同等のリーダーを基準に!
・上の表を元にリーダーの号数を選定する。
・アジングやエギングのようなドラグを出してとる釣りと、感度が重要な釣りは基準より細いリーダーを!
・磯やテトラでは基準より太いリーダーを!!

↓↓↓ちなみにPEラインの号数選定はこちらの記事で書いています↓↓↓
最大ドラグ力とライン ドラグを限界まで締めても切れないライン選び