リール記事

リールのスペック表に記載されている文字の意味を解説【ギア比・最大ドラグ力・最大巻上長・ベアリング数】

 

リールに記載されているスペック表の意味を解説

 

リールのスペック表にギア比・自重・最大ドラグ力・最大巻上長・ベアリング数が記載されていますが、一体なんのために記載されているのかどこを見れば良いのか分からないという方も多いと思いますので、解説したいと思います。

私自身も最初は良くわからず、自重と最大巻上長だけみて購入していました(笑)
後々相当後悔したことがあるので、そんな方を減らしたいと思いこの記事を書いていきます。

ギア比

ギア比というのは、ハンドルを一回転させてローターが何回転するのかということです。
ギア比が6の場合、ハンドル一回転でローターが6回転します。


ちなみに、ローターというのは
ハンドルを回したときに回る上の画像の部分です。
ベールがついてるところといえば分かりやすいでしょうか。

リールを実際に持っている方はハンドルをゆっくり一回転してみましょう。
ローターが回転しているのが分かりますよ!!

本題のギア比についてです!

ギア比5未満…ローギア(パワーギア)・PG
ギア比5〜5.7…ノーマルギア
ギア比5.8〜6.1…ハイギア・HG
ギア比6.2以上…エクストラハイギア・XHやXG

簡単に説明すると
ローギアのメリット
・巻き上げ力が高い
・ルアーをスローに動かせる
ハイギアのメリット
・感度が良い
・ルアーの回収や糸の処理が早い
・魚をバラシにくい。(糸処理が早いため)

ただ、ギア比は好みの部分が大きいです。
もし、最初に選ぶならハイギアが無難だと思います。
陸からの釣りでは、感度やルアーの回収や糸の処理が重要になる場面が多くあるからです。ルアー釣りでよく使うPEラインは風にあおられやすいという特徴があり、風が吹いている状況ではあおられたラインをすぐに回収しないと絡まときに、ハイギアであればすぐに回収することができます。それなら、エクストラハイギアにすればいいじゃんと思うかもしれませんが、巻き上げ力も非常に重要なのです。巻き上げることができなければ、魚を寄せにくくなります。そこで、良いのがハイギアです。

ギア比の表記はメーカーごとに少し違います。
D社、S社ともにリールの型式の最後の文字がギア比を表しています。
例えば、CERTATE 5000D-CXH というリールであれば
最後のXHがギア比を表しています。

D社、S社のギア表記は下記の通りです。

パワーギア ノーマルギア ハイギア エクストラハイギア
D社 P 表記無し H XH
S社 PG 表記無し HG XG

こだわりがないのであれば、HG(ハイギア)のリールがおすすめ

最大ドラグ力

最大ドラグ力とは、ドラグをガチガチで締めた状態で糸が滑りだす力を示したものです。
例えば最大ドラグ力が9kgの場合は、ドラグをガチガチに締めても9kg以上の力がラインに加わると、糸がでるということです。9kgまで、ドラグの調整ができるということです。
最大ドラグ力とドラグ性能は関係がないです。
実際は7kgくらいまでしかドラグ調整はできません。S社はこれを実用ドラグ力として、記載してくれていますよ。是非見てみましょう。

最大ドラグ力は、対象魚種のリールの番手を選べばあまり気にしなくてよいです。

最大ドラグ力はドラグを最大まで締めたときに、糸が滑り出す力
調整できるのは、最大ドラグ力より小さくなる。(実用ドラグ力)

自重

自重はあまり説明する必要はないかなと思いますが
これは、リールの重さを示しています

最大巻上長

最大巻上長は、ハンドルを一回転したときにラインを何センチ巻き取れるかというものです。
スプールの大きさなどが影響しているのでリールごとに巻上長は変わります。また、スプールに糸が少なければ巻上長は少なくなりますよ。
またギア比も関係しており、ハンドル一回転でローターがたくさん回る方が、一回転でのラインの巻上長は多くなるので、ギア比が高いほど巻上長も多くなります。

最大巻上長はハンドル一回転で何センチ巻き取れるかというもの
スプールの糸量が少ないと巻上長も少なくなる

ベアリング数

まず、ベアリングについて話します。
ベアリングとは、ローラーベアリングとボールベアリングがあります。
ローラーベアリングは大体どのリールにも一つずつはいっていますが
ボールベアリングはリールごとに数が違います。
低価格帯(5000円程度)のリールで2~3個、価格が上がるほど増えていき
高価格帯(50000~70000)のリールで10~12個になります。
ボールベアリングは摩擦を減らし、回転を滑らかにするためにあり
ラインローラーやハンドルノブ、スプール内部、スプール軸に使用されています。
つまり、ボールベアリングの数が多くなるにつれて
ガタツキが少なく滑らかな巻き心地になったり、ドラグの滑り出しが良くなったりします。
ちなみに、ベアリングのかわりにカラーという樹脂製のものが使われており
カラーをベアリングに変えることでリールの性能を大幅にあげることができます。
つまり、低価格帯のリールでもカラーからベアリングに変えることで高価格帯と同様の性能になりますよ。私は分解は苦手ですが…(笑)

このベアリングの数でリールを選ぶと高性能なリールを選ぶことができます。
(価格もあがります(笑))

ベアリングはローラーベアリングとボールベアリングがある。
ローラーベアリングはどのリールにも一つずつ使われている
ボールベアリングは価格が高くなるほど多くなる。

以上がリールのスペック表に書いている詳しい意味になります。

是非リールを購入する際は意識して購入してみてください。

他の記事もぜひ↓
最大ドラグ力とライン ドラグを限界まで締めても切れないライン選び