ロッド記事

ロッドが折れたときの修理の出し方 保証書がある場合ない場合それぞれ解説

 

ロッドが折れたときの修理の出し方 保証書がある場合ない場合それぞれ解説

釣りをしていてたまに起こりうるロッドの破損。
私も初めてロッドを折ってしまったときは
修理の出し方やかかる費用など分からないことが多かったので
初めてロッドを折った・破損させたという方に向けて
保証書がある場合とない場合に分けて書いていきます。

保証書がある場合

保証書とロッドをもって購入した釣り具の店舗にいきます。
(釣り具の店舗は同じ系列の店舗であればOKです。)
※シマノ製品の場合、保証書だけではなくレシートも必要になるので注意しましょう。
※ロッドはすべてのパーツをもっていかなければならないので注意しましょう。
例えば、2ピースロッドであれば、折れてない部分と折れた部分×2が必要になるということです。
修理期間は三週間程度です。
修理が完了したら頼んだ店舗から電話がありますので、その後お金を払って終了です。

保証書と折れたロッド(すべての部品等)を準備

保証書にかかれている店舗へ(同じ系列も可)

約三週間後店舗から連絡

店舗に取りに行き、お金を払う。

ネット通販で購入した!という方は
↓のサイトを参考にされてみてください。

ロッド修理出してみた。ネット通販で買ったロッドの修理どうする? | ルアーライフマガジン (lure-life.com)

保証書がない場合

釣具屋に破損したロッド(すべてのパーツ)を持ち込むことで
メーカーに修理依頼をだすことができます。

さらに、修理依頼は金額を設定してその金額以上なら修理せずに返却、その金額以下なら修理してもらうということもできますので、いくらかかるのかなと不安になることなく修理に
出すことができます。
設定した金額以上であれば、直ちに返却されます。
設定した金額以下であれば、そのまま修理されることになります。

保証書がない場合、2万円くらいのロッドであれば
1.5万以上することがほとんどなので
新しい竿を購入した方がお得かなと思います。
また、2ピース以上のロッドであれば
折れてない部分はメルカリなどのアプリなどで売ることができます。
逆にもし売っていたら買うこともできるので
アプリ等で探してみるといいと思います。

釣具屋にロッドのパーツ全てを持ち込む

メーカーへ修理依頼を出してもらう
(その際金額を設定できる)

修理後もしくは修理が設定金額以上で返却された場合
釣具屋より電話がある

店舗にロッドを取りに行き、修理された場合はお金を支払う。

 

ロッドの修理は保証書がなければ
本体と変わらないくらいするので
保証書は必ず保管しましょう!