Uncategorized

最大ドラグ力とライン ドラグを限界まで締めても切れないライン選び

最大ドラグ力とラインの関係 ドラグを限界まで締めても切れないライン選び

ルアー釣りをしていると突然の大物に主導権を握られないように
ドラグをガチガチに締めないといけないときがありますよね。
堤防やサーフであればゆっくりやり取りができるかもしれませんが
テトラや磯などでは、無理やり魚を浮かせる必要があることがあります。
そこで、ドラグをガチガチに締めたとしてもラインが切れないように考えてタックル組む必要があります。
ラインセッティングを考えて釣りをすると、突然の大物に対するやり取りの仕方が変わります。今日のタックルでドラグをガチガチに締めて魚を無理やり浮かせることができるのかを理解しているだけで違います。
ドラグをガチガチに締めたときでもラインが切れないラインセッティングについて
書いていきます。
ルアー釣りを始めたばかりの方やリールに巻く糸の号数で悩んでいる方は参考にしてみてください

最大ドラグ力とは

最大ドラグ力とは、ドラグをガチガチで締めた状態で糸が滑りだす力を示したものです。
例えば、最大ドラグ力が9kgの場合はドラグをガチガチに締めても9kg以上の力がラインに加わると、糸がでるということです。9kgまでドラグの調整ができるということが分かります。
つまり、最大ドラグ力以上のライン強度を持つPEとリーダーを使用していれば
ドラグをガチガチに締めたとしても、理論上では糸が切れることはないということです。

最大ドラグ力以上のラインセッティング

最大ドラグ力以上のPEとリーダーを表にまとめてみました。
この表以上のラインセッティングを組んでいる場合は、大物がかかった際に
ドラグを限界まで締めてもファイトできるということです。

最大ドラグ力(kg) PE号数 PE強度(lb/kg) リーダーの号数 リーダーの強度
(lb/kg)
2 0.4 7.4lb/3.4kg 2 8lb/3.6kg
2.5 0.4 7.4lb/3.4kg 2 8lb/3.6kg
3 0.4 7.4lb/3.4kg 2 8lb/3.6kg
3.5 0.6 12lb/5.4kg 3 12lb/5.4kg
4 0.6 12lb/5.4kg 3 12lb/5.4kg
5 0.6 12lb/5.4kg 3 12lb/5.4kg
6 0.8 16lb/7.3kg 4 16lb/7.2kg
9 1.2 21lb/9.5kg 6 22lb/10kg
10 1.5 24lb/10.9kg 7 25lb/11.3kg
11 2 33lb/15kg 10 35lb/15.9kg
12 2 33lb/15kg 10 35lb/15.9kg
13 2 33lb/15kg 10 35lb/15.9kg
14 2 33lb/15kg 10 35lb/15.9kg
25 4 58lb/26.3kg 18 60lb/27.2kg
30 5 74lb/33.6kg 22 80lb/36.3kg

※PEは私が好きなSEAGERの8編みの平均強度を参考にしています

シーガー PEX8|ソルトゲーム|フロロカーボンのパイオニア・釣り糸のシーガー|Seaguar

※リーダーはメーカーにより誤差があります

ただ、PEの強度は平均強度なので最大ドラグ力以上であるもののPEの強度と最大ドラグ力の差があまりない場合は切れてしまう可能性があります。
最大ドラグ力とPEの強度が近い場合はPEの号数を一つ上げることをおすすめします。
また、この表はリーダーに傷が入ってないことが前提なので、リーダーの強度数は余裕をもって上げる必要があると思います。

リーダー選びについては下記のサイトについてまとめています。

【ルアーマン必見】ルアー釣りに必須なリーダーのサイズ選びについて

最後にこの記事は最大ドラグ力をもとにラインセッティングを組んだ方が良いと言っているわけではないです。
大物をかけても無理やり魚を浮かせることができるのかということに重点をおいて話しています。